ネコ虫

アクセスカウンタ

zoom RSS 八菅神社

<<   作成日時 : 2017/06/06 10:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

6月5日まんゆう会があった。

今日は「7人の侍」ではなく6人のじじいです。一人は仕事が忙しく休みでした。
本厚木のバスセンターに集合、バスで上三増行きに乗り、一本松というところで下り、歩いて八菅神社へ。
画像


ハイキングコースにもなっている。自然林が多く、良いところである。

画像

神社に繋がる一直線の階段があるが、老体を考慮して、女坂というゆったりした坂道を選んだ。

画像

口をむっと結んだ 「ん」 の狛犬。
画像

口を大きく開けた「あ」の狛犬

まるで仁王像のような、「あうん」の狛犬が並んでいた。

神社をお参りして少し登ると、お花見広場についた。ここで、昼食。
さっそく、広場探検。
枯れ木の大木から木くずがたくさん出ていて、樹皮を剥がしたら、アリの巣があった。
そして、そこにはヒロズコヤガがいた。よくアリの巣で見つかるそうです。
画像

赤い矢印のもの。瓢箪のような形の巣を作り、その中に入っていて、アリの幼虫などを食べるのだそうだ。

画像

瓢箪の巣を剥がしてみると、なかに幼虫がいた。

画像

巣から取り出して幼虫を撮影。けっこうでっぷりして、太っている。

この休憩場所にトイレがあるが、トイレに行くと、壁になんだこれは!?という蛾が止まっていた。

画像

モンウスギヌカギバという蛾で、翅の模様が面白い。中央にある模様は鳥の糞が散らばった感じの模様で、
驚いたのは、両バネにハエの模様が入っているのである。

鳥の糞に擬態する昆虫は数知れず、いろいろな種類に見られるが、糞の模様にさらにハエまで配したものはこの蛾だけであろう。

鳥は、糞に似ている模様で、だまされないわよ!なんて思っても、ハエまでいると、これはやはりこれは鳥の糞かもしれないと思うのではないだろうか。

しかし、進化の妙で、よくぞここまでと思わざるを得ないですね。

画像

ハエの部分のアップであるが、ちょっと雑な絵の感じもしますが、ちょっと見にはハエに見えます。

画像

コケのところにアリがいたと思って寄ってみたら、なんとアリグモではないか。食事中であまり動かないので深度合成で撮ってみた。

やすらぎ広場を通り、展望台広場に行くと、サツキがたくさん植えられているところがあり、赤い花がまだ咲いていて、そこには、カラスアゲハ、クロアゲハ、ジョコウアゲハなどが群れ飛んでいた。

画像

ちょっと小さく写ってしまったが、カラスアゲハ

画像

ジャコウアゲハの雌。このメスを巡ってオス達が乱れ飛んでいた。

画像

ジャコウアゲハの雄と雌が絡まって、木の茂みに落ちた。あわてて追いかけ探すと交尾が始まっていた。

画像

下が雄、上が雌で、雄が雌を突き上げるような形になっている。

きょうは予想外のいろいろなシーンをカメラに収めることが出来た。

山の下に下りて、「みずとみどりの青空博物館」というところでちょいと休憩。
この休憩所の屋根のところに蜂の巣が・・・
オオカバフスジドロバチである。
画像

泥でつくった管は幼虫のための巣である。

画像

ホソアシナガバチの巣に幼虫がもう育っていた。女王蜂1匹でここまでつくってきた。蛹になっているものがいるのでもうすぐ、女王蜂を助ける働き蜂が出てくる。幼虫の顔には面白い斑紋があった。

山を下り、舗装道路を行くと、道端のカラムシにふくらすずめがいた。珍しい色彩変化のものがいて、
カメラを向けて、幼虫が脅すシーンを撮った。

また道路にきれいなものが落ちていたので良く見ると、なんとハンミョウの轢死体だった。
画像


画像


さらにゆくと、オニヤンマの轢死体もあった。
画像


環境が良く、虫がおおいところで、是非また来たいと思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
変な模様の蛾や、アゲハの交尾、蜂の巣など、小生には未知の世界。散策していても小生には気づかない虫など、オドロキです。「ネコ虫」は虫、いや無視できない天災、いや天才ですねぇ。
TON
2017/06/07 09:41
TONさん
お褒めにいただきうれしいです。天才は忘れた頃にやってくる?いつも嫌われ無視される昆虫たちに光を!
玉虫
2017/06/07 12:09
圧巻。
瓢箪部屋にいるヒロズコヤガの太っしょ子供、蝿模様で得意げなモンウスギヌカギバ、アリそっくりさんのアリグモおばさん(おじさんかな)、ジャコウアゲハのエロチックな女性上位、ホソアシナガバチの子供の真面目顔、ドロバチさんのおうちの泥の匂い。
轢死体多数。「車、あっち行って」って言いたくなる。
美しい素晴らしい写真にため息でした。ありがとうございます。メモりました。昆虫図鑑で調べて楽しみます。
昆虫好きはあまりいませんが、みんな好い人だと思います。
温暖化、人間文化の害、に負けず、虫たち、繁栄してね!
コフキコガネ
2017/06/20 17:45
ほんと、昆虫たちは、人間たちに虐げられながら必死に生きていますね。わたしも応援しています。
玉虫
2017/06/20 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
八菅神社 ネコ虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる