ネコ虫

アクセスカウンタ

zoom RSS 原宿「猫カフェ」探訪記

<<   作成日時 : 2017/01/31 11:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

探訪記なんて大げさですが、年取った男が一人で猫カフェに入るのはちょっと勇気がいります。

今回はとにかく一度いってみたかった猫カフェなので、勇気を出して「突入」しました。
原宿撮影会が終わって、一人で行きました。

竹下通りの真ん中あたりにある「ヒョウの猫の森」です。
地下はフクロウ、3階が猫カフェです。猫だけだと780円、ワンドリンク付き。
フクロウと猫両方だと1350円、猫だけでいいですと780円払った。

画像

竹下通りからの入り口

画像

入るとすぐ下駄箱と入場券売り場。ここの女の子は流ちょうな英語をしゃべっていた。これだけ外国人が多いと英語もしゃべれなければ仕事になりませんね。

ここで、靴を脱いでスリッパに履き替える。中は猫のためかかなりエアコンが効いてあたたかい。
画像

意外と狭い。やはり若い女性が多く、なんと外国人が半分以上を占める。

画像

外国の女性。外国には猫カフェというのは無いのだろうか?
一応、写真撮らせてとお願いして撮りました。ええ、日本語で・・・カメラむけて写真撮らせてといえば、通じます。(笑)  ふりむいて、にっこり笑ってくれました。

私は、外国人に対しては、 ほとんどボディランゲージで会話です。ネコ好きの人にはこれで通じるのです。

画像

この人も外国人です。足が長いですね。

現在、猫カフェは東京だけで、50店ほどあるそうです。
いつの間にかこんなに増えていたのですね。それだけ需要があるということですか。

画像

ここの猫カフェはすべて「ベンガル」です。
「ベンガル」はアムールヤマネコと家猫を掛け合わせてアメリカで作り出した品種です。
ヒョウに似た柄になりますので、「ヒョウの猫の森」と謳っているのですね。
イリオモテヤマネコもアムールネコの親戚です。

画像

模様が独特ですね。

画像

人工木を部屋に張り巡らしてあり、そこを歩いてたりする。ヤマネコっぽく見せるためでしょうか?

画像

こんな白っぽい個体もいます。これもベンガルだそうです。

とにかく、ここはベンガルだけです。日本ネコもいても良いけどな。
店の方針なんだろうね。姉妹店が各地にあるようです。

画像

沢山の人に囲まれて・・・みんな女性です。まるでモデル撮影会みたいでした。

画像

入り口でぬいぐるみを売っていましたが、そのケースの上に本物が。

画像

やはり野性味が残っているのか?あまり人なつこくないな〜と感じました。
怖い感じの禿げたおじさんだから懐かないのか?(ハゲのひがみ)

画像

ええっ!交尾しているのか?と思ったら、十字形に重なっていた。
上にいるネコは、スタッフの休憩室を覗いているのです。
この2匹はオス同士であまり仲良くないみたいで、この後ケンカしていました。

初めての猫カフェ、それも若者で賑わう竹下通りのど真ん中での経験でした。
得がたい経験です。ネットを見ると、もっと広々した猫カフェもあるみたいですね。
原宿にももう一軒あるみたい

しかし、初体験の猫カフェ探訪、面白かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原宿「猫カフェ」探訪記 ネコ虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる