ネコ虫

アクセスカウンタ

zoom RSS アカボシゴマダラその後(4)枝から根本へ

<<   作成日時 : 2017/01/23 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

行きがかり上、気になる幼虫どもがどうなったかまた見に行きました。

基本的には変わりませんが、さすがに吹きさらしの枝にいるのは寒いのと

葉が完全に落ちてきたので、鳥に襲われる確率が高まったことなどで、

幼虫たちは、木の根本や枝の下の方に移動したようです。

一部はまだ枝先の方にいましたが・・・

画像

幼虫のいる木の全景。エノキの葉はほとんど落ちてしまっている。

画像

まだ枝先にいた幼虫。顔を上げて動いていた。

画像

しなびた青い葉をかじろうとしているのか、この寒い日に動いていた。上の幼虫とこの幼虫の2匹だけがまだ動いている様子。耐寒性のある幼虫なのだろうか。東京は今日はものすごく寒いです。

太い下の方の枝で静止している幼虫たち
画像


画像


画像

ここは2頭が寄り添うようにしている。下の方にもう1頭が見える。

画像


画像


そして、木の根元には3頭が集まって止まっていた。

画像


画像

これは隣の木のツツジの枝に移動していた個体。たまたま見つけた。

画像

相変わらず蛹はまだ付いていた。わりと見つけにくいところにあるので鳥にねらわれないのかもしれない。
でも生きているのかな?

いずれにして、みんな元気であった。寒さが厳しくなってきて、次第に下の方に移動している。小さい若齢幼虫は見当たらなかった。地面の枯れ葉に潜っているのかもしれない。

このまま終齢幼虫で木の枝で冬越ししそうな感じです。
まだまだ、2月になると、もっと寒くなると思うので、どうなるのだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最初見つけたのは年末でしたよね?
私はナミアゲハやアオスジアゲハの幼虫の成長しか観察したことがないのですが、幼虫の時期が長くないですか?食べ物もあまりなさそうですが、終齢幼虫のままで冬が越せるんですか?
蛹は葉っぱが丸まったように見えますね。
引き続き観察をよろしくお願いします!
雪でも積もったりしたらこの子たちどうするのかしら。
かめむし
2017/01/24 07:24
終齢幼虫で成長が止まったみたいです。
ネットを見ても終齢幼虫で越冬するという研究はないみたいです。もっといろいろ検索するとあるのかもしれませんが。へんなチョウですね。
玉虫
2017/01/24 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカボシゴマダラその後(4)枝から根本へ ネコ虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる